会社案内

福島県北部エリアを中心に地域密着をテーマにしたスーパーマーケットを展開しており、
食卓のパートナーとして、地元に根ざした取り組みで皆さまに笑顔をお届けしています。

ご挨拶

 当社は、昭和54年に会社設立して以来、地域に密着した食品スーパーマーケットとしてお客様のご愛顧を賜っております。

 生鮮食品の扱いを主力として、日常生活を支えることを目標に、売り場には1週間に3回ご来店できるような品揃えを行っております。

 消費者の生活防衛意識の高まりや、同業他社及び他業態との競争激化により、ますます厳しい経済環境が続いております。そのような環境の中で、当社は、新鮮かつ安全で安心な商品を提供すると同時に、消費者の健康志向のニーズに合わせ、体に良いとされる原材料を使用した商品や地元産の商品を積極的に取り扱っております。「商品」にこだわり、「低価格」で「いいもの」をお客様の食卓にお届けしております。

 そして、お客様とのふれあいを重視し、「食」を通じて地域社会への貢献に取り組むことを経営目標としています。また、事業を通じて社員とともに成長発展できるような企業経営を心掛け、温かな企業風土を育んでいきたいと考えております。

 当社は、お客様の多様なご要望にこたえるべく、従業員一同、意欲を燃やして、誠実に取り組んでまいります。また、経営基盤・人材育成などをさらに充実させ、新たなる分野にも積極的に取り組むことにより、地域社会に密着したオンリーワン企業へ挑戦いたします。

 どうぞご指命くださいまして、お客様もますます発展いただきますことを心より願っているところでございます。今後とも、よりいっそうのご指導・ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 

ファンズ 株式会社 運喜 代表取締役社長 菅野好次

経営理念 奉仕と感謝

いつもわくわく大満足

お客様あっての楽しいお店

社員元気でいきいき会社

行動指針

やる気とは動いて見せるもの

努力とは結果で示すもの

チャンスとは自らつかむもの

目標とは最後まで挑戦するもの


会社情報

商号 株式会社運喜

本店所在地

〒960-1456

福島県伊達郡川俣町中丁24-2

代表取締役

代表取締役会長 佐藤好正

代表取締役社長 菅野好次

会社設立

昭和53年9月

資本金

5,000万円

売上高

27億円(令和1年8月期)

事業内容

スーパーマーケット事業/各店舗の運営

・ファンズ川俣店

・ファンズだて店

・ファンズ丸子店

・ファンズ霊山店

従業員数

167名

・社員    80名

・パート   58名

・アルバイト 29名

取引銀行

・東邦銀行

・福島銀行

・大東銀行

・商工中金

沿革

昭和2年 福島県伊達郡川俣町にて佐藤運吉 蒸かし芋や野菜を売る戸板商売開業

昭和22年

佐藤運吉とその長男・喜一郎が、福島市場より仕入し、青果物販売

昭和54年

「有限会社 運喜商店」設立し法人成

昭和57年

ボランタリーチェーン「サン・マート」加盟

昭和61年

本店移転 店舗移転 福島県伊達郡川俣町寺久保

平成元年

サンマート・フラワーチェーン・ひまわりチェーンが合併し、ブイチェーン誕生

平成5年

「株式会社 運喜」へ組織変更。代表取締役に佐藤喜一郎が就任

伊達郡伊達町に「フレスタ伊達店」出店

平成12年

代表取締役に佐藤好正が就任

平成13年

伊達郡保原町に「フレスタ保原店」出店

平成16年

「フレスタ」から「ファンズ」へ店名変更

佐藤好正が代表取締役会長へ、菅野好次が代表取締役社長へ変更

平成18年

福島市に「ファンズ丸子店」出店

平成21年

伊達市に「ファンズ霊山店」出店

福島県伊達郡川俣町に「ファンズ中丁店」出店

平成23年

東日本大震災により「ファンズ中丁店」建物が損壊し、閉店・取壊へ

震災直後の混乱のなかでも、従業員多数参加のボランティア炊き出しなど行う

福島市に「ファンズ南中央店」出店

平成25年

川俣町寺久保の「ファンズ川俣店」 移転のため閉店

本店移転 福島県伊達郡川俣町中丁「ファンズ新川俣店」 開店

平成27年

人員不足により「ファンズ南福島店」閉店

「ファンズ保原店」リニューアルオープン

完全子会社である「株式会社ファンズ」設立。代表取締役 武田博昭 就任

平成28年

「ファンズ保原店」を株式会社ファンズへ経営委任

福島県伊達郡川俣町山木屋地区にて、移動スーパー事業開始

平成29年

山木屋復興拠点「とんやの郷」にて、委託事業として「小売店」 出店

令和1年

「ファンズだて店」リニューアルオープン

地域貢献活動について

「のっていがっせ~号」の運行

ご高齢の方、足の不自由な方でも、当社の店舗にご安心して買い物に来ていただけるように、「のっていがっせ~号」を定期的に運行しております。

買い物弱者といわれる方への交通支援を積極的に実施しています。


移動スーパー事業の展開

平成28年10月より、川俣町山木屋地区で、移動スーパー事業を開始しました。

川俣町山木屋地区は、平成29年3月に原発事故避難地域が解除されました。川俣町山木屋地区の復興支援として、また、帰還された住民の皆さまが、買い物に不便することがないように、今後も移動スーパー事業を継続してまいります。